2018年05月28日

山の うなぎ

山芋に含まれる栄養は中国では  「山の薬」 日本では
「山の 鰻」 と言われるほど栄養化が高いといわれています。
大根の3倍含まれる消化酵素のアミラーゼは消化を助け、新陳代謝を
活発にする効果があり、老化防止に!またねばねば成分の
ムチンは血圧を下げる効果もあります。
他にもむくみを抑えたり、疲労回復効果のある栄養素も
含まれています。生で食べるのがおすすめだそうです!
ひさ家の夏メニューは 栄養たっぷり、滋養強壮で、夏バテ知らず!
肉のとろつけうどん(オクラ入り)おすすめです♪
山芋.jpg
1肉とろ.jpg
posted by 松原店 店長 at 14:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 食材の効能
この記事へのコメント
お願い(みと・あかつかカンファレンス)*メディア詐欺対策室;代表案件(刑事・民事責任追及)
CC 日本放送協会(NHK); 警視庁; 東京地方検察庁; 消費者庁表示対策課食品表示対策室; 厚生労働省健康局健康課栄養指導室
BCC 首相官邸; 日本学術会議; 経済産業省 特許庁; 法務省; 外務省; 宮内庁



学術秘書
池田です。

記事の修正又は削除をお願いいたします。

修正の際のポイントは、3つあります。

(1)「ムチン」という言葉を使うこと自体が誤り。
(「植物」の話をしていて、「ムチン」について語ること自体ナンセンスです。)

(2)「ムチン」と関連付けて語られてきた、夏バテ解消、スタミナ食材、疲労回復といった健康効果も全く根拠なし。
(「健康効果」は、ヒトや動物から分泌される「ムチン」本来の働きから想像された話であって、食べてどうこうの話ではありません。)

(3)「ネバネバの正体は『ムチン』」も誤り。
(「ムチン」は「糖たんぱく質」といわれますが、「植物の『糖たんぱく質』」はネバネバしていません。)

「(日本国内だけで)植物の粘性物質をムチンと呼ぶことの根拠や起源」が判明いたしました。
(「『mucin』と『mucus』の混同」ないし「『mucus』の誤訳」、
「『mucin』と『mucilage』の混同」ないし「『mucilage』の誤訳」が誤報の原因でした。
つまり、動植物の粘性物質をムチンと呼ぶ「学説」は存在しません。
http://acsec.jp/mucin.html


“フィッシャーの呪い撲滅キャンペーン”へのご理解、ご協力をお願いいたします。
http://acsec.jp/maffgo.html

※平成の大獄(へいせいのたいごく)|改元の礼:
http://heisei.nokyoko.jp/

では。


この件に関するお問い合わせ先:
みと・あかつかカンファレンス事務局長
ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理
有限会社学術秘書
本店営業部
池田剛士
〒311-4141
茨城県水戸市赤塚1-386-1-107
電話:029-254-7189
携帯:090-4134-7927
Posted by 池田剛士 at 2018年06月28日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183345137

この記事へのトラックバック